校長より

 宮城県村田高等学校のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。

本校は,宮城県の南部に位置し,南に白石川が流れ,西に蔵王山系の山々を望む,自然環境豊かな村田町に,大正13年に開校した伝統ある県立高校です。

 村田町には,東北自動車道村田インターチェンジ・村田ジャンクションなどがあり,仙台藩(江戸)時代から仙南地域の交通の要衝として栄えてきました。

 特に,江戸時代後期には紅花交易により繁栄し,その面影が蔵の町並みとして今も残っており「みちのくの小京都」とも呼ばれております。

 このような立地条件にある本校の特色は,平成7年度から県内初の「総合学科」を設置していることです。

 総合学科で行われる教育の特色は,大きく2つあります。1つ目は,「幅広い選択科目の中から,生徒自身が科目を選択して学ぶことが可能であり,個性を生かした主体的な学習ができること」2つ目は,「将来の職業選択を視野に入れ,自己の進路への自覚を深める学習ができること」であり、教育課程上の特色となっております。

 さて、高校時代は人生の中で最も感受性が豊かで、心身の成長が著しく、視野も地元から世界へと大きく広がる時期でもあります。

 そのような時期だからこそ、学校生活や日常生活においても、様々なことに挑戦してほしいと願っております。挑戦する分野は皆さんそれぞれ違うと思いますが,人生を左右するほどの影響が出て来ることは間違いありません。

 もちろん,挑戦すれば挫折も味わうことでしょう。しかし,挑戦することは人を成長させます。仮に失敗しても失敗から学べばよいのです。その学びによって,生徒の皆さんの可能性を限りなく伸ばすことができるのが本校だと思っております。

 今、私たち教職員は力を合わせて、在校生諸君がそれぞれの進むべき道を力強く進めるように全力でサポートしております。

 今後とも、可能性に満ち溢れた生徒の皆さんが、将来に向けて様々な選択ができるよう、その充実に努めて参りますので、よろしくお願いいたします。

 

令和2年4月

 

第24代校長 佐藤 真