ブログ

村高掲示板

【2年次】河北新報に掲載されました!

 9月30日(金)からスタートする蔵を使ったビジネス体験。その準備の様子と今後の活動について、9月25日(日)の河北新報朝刊に掲載していただきました。出店まであとわずか。沢山の方々に今回の取り組みを知ってもらい、足を運んでもらい、村田町が活性化していってもらえればと思います。

※蔵を使ったビジネス体験の日程は、9月30日(金)、10月7日(金)、10月28日(金)、11月4日(金)の4日間、14:00〜15:30で実施。

※10月14日(金)の陶器市は中止となったため、実施はありません。

※10月22日(土)文化祭実施時も蔵で出店予定です。

【2年次】蔵を使ったビジネス体験リハーサル

 9月30日(金)から2年次の生徒たちが3つの蔵で計4回の出店体験をします。今回は本番当日に使用する蔵を使って、地元の方々の前でプレオープン。実際にお店を体験してもらい、アドバイスをいただきました。生徒同士で行う練習とは違い、緊張する生徒も多く見られましたが、一生懸命接客を行いました。実際にやってみることで自分たちの問題点も具体的に見えてきました。本番に向けてみんなで考え、修正していきたいと思います。

 

※蔵を使ったビジネス体験の日程は、9月30日(金)、10月7日(金)、10月28日(金)、11月4日(金)の4日間、14:00〜15:30で実施。

※10月14日(金)の陶器市は中止となったため、実施はありません。

※10月22日(土)文化祭実施時も蔵で出店予定です。

 

【2年次】出店準備・接客シミュレーション

 9月30日(金)からスタートする蔵を使ったビジネス体験。今回生徒が考えたパンの販売で協力していただく蔵王町のBRINGさんから2名来校いただき、接客する上での知識や心構え、実際の対応方法についてお話をしていただきました。ただ、教わるだけで実践できないと意味がありません。次の時間は各クラスに分かれて実際の接客シミュレーションを実施しました。プロの実際の接客方法を見ながら、自分たちで役割分担をしながら接客体験。実際のお客さん役になってオリジナルのくらりんパンを完成させ、楽しみながら接客方法を実践的に学ぶことが出来ました。

 

※蔵を使ったビジネス体験の日程は、9月30日(金)、10月7日(金)、10月28日(金)、11月4日(金)の4日間、14:00〜15:30で実施。

※10月14日(金)の陶器市は中止となったため、実施はありません。

※10月22日(土)文化祭実施時も蔵で出店予定です。

 

【2年次】村田町内にチラシが配布されました!

 2年次の生徒たちが「総合的な探究の時間」の授業で取り組んでいる蔵を使ったビジネス体験。今回の取り組みを村田町内の沢山の方々に知ってもらうためチラシを作成しました。9月1日に村田町の広報誌「広報むらた」と一緒に、村田町内全域にチラシが配布されました。沢山の方々が来場し、村田町を盛り上げられるような活動にできればと思います。皆さんのご来場お待ちしております。

【2年次】インターンシップ年次発表会

 7月5日から7日に実施したインターンシップ。働くことを実践的に学ぶことのできる良い機会となりましたが、自分が経験するだけでなく他の生徒のプラスにもなるよう、それぞれのインターンシップ先でインタビューをしてきました。自分の体験とインタビュー内容を各クラスで発表し、その中で選ばれた代表生徒が2年次全員の前で発表しました。発表者は緊張しながらも堂々とみんなの前で発表することができました。他の生徒たちもそれぞれの分野でどんな人が求められていて、仕事ができる人の特徴を知り、自分が今後どんな風になっていきたいかを考えることができ、とても有意義な時間となりました。

 

オープンキャンパス(7月31日(土))の様子

 オープンキャンパスは,多数の中学生と保護者に参加いただき開催しました。

 今年はコロナウイルスの対策として,オンラインで学校紹介を行い,各班に分かれ体験学習や部活動見学が行われました。参加した中学生からは,概ね好評価をいただきました。

 来年3月の入試には,多くの中学生の皆さんに出願してほしいと思います。

  

【2年次】くらりんパンの試作品が完成!!

 2年次が授業内で行っている蔵を活用したビジネス体験。『村田町のキャラクターである「くらりん」の顔の形のオリジナルパンを販売したい』という生徒のアイディアを実現するため、蔵王町の「BRING」さんが協力してくれることになり、「試作品が完成した」という連絡をいただきました。実行委員の生徒たちが訪問し、試作品を見て試食させていただきました。見た目も立体的でかわいく、味もとても美味しく、感動する生徒たち。自分たちまたはお客さんに顔を描いてもらいたいという生徒の要望も取り入れてくれています。BRINGのクラウスさんに感謝の気持ちを伝え、お店の前で記念撮影。9月30日からの販売を楽しみにしていてください。

 

【2年次】村田町の「木村屋菓子店」さんに協力してもらうことが決定!

 2年次が授業内で行っている蔵を活用したビジネス体験。蔵王のBRINGさんに続き、もう1件協力してくれるお店が決定しました!『村田町のキャラクターである「くらりん」のお菓子を作って販売したい』という生徒のアイディアの実現に向け、お店の方の前でプレゼンを行い、村田町の「木村屋菓子店」さんが協力してくださることになりました。生徒たちが考えた焼き印デザインを使って、新商品を作っていただくことになりました。詳細は今後ホームページで発表します。お楽しみに!

 

【2年次】蔵王のパン屋さん「BRING」さんに協力してもらうことが決定!

 2年次が授業内で行っている蔵を活用したビジネス体験。自分たちで考えたアイディアが形にならないか、現在様々な企業と話をしながら交渉を進めています。『村田町のキャラクターである「くらりん」の顔の形のオリジナルパンを販売したい』という生徒のアイディアの実現に向け、実行委員の生徒たちがお店の方の前でプレゼンを行い、蔵王にある「BRING」さんが協力してくださることになりました。自分たちだけでは難しいことも、色々な方に協力してもらうことで大きな企画となり、村田町を盛り上げることにつながります。今後も決まった内容をホームページで少しずつお知らせしたいと思います。

【2年次】インターンシップを実施しました!

 1年次の「産業社会と人間」、2年次の「総合的な探究の時間」など、村田高校では授業の中で職業や働くことについて学ぶ時間が設定されています。その「総合的な探究の時間」の授業で職業を実践的に学ぶ機会となるインターンシップ。沢山の企業の協力により、今年度実施することができました。自分たちが希望するお店・施設で行うことができ、生徒たちは皆意欲的に取り組むことができました。ご協力いただいた企業の皆さん、貴重な時間を作っていただき、本当にありがとうございました。

 

芸術鑑賞会(PTA会員研修)を開催しました。【6月22日(水) 村田町民体育館】

 演 目  劇団わらび座ミュージカル「いつだって青空 ~ブルマー先生の夢~ 」

 生徒の感想を紹介します。(2年次生徒)

 ミュージカルに興味がなかった私でしたが,今回の鑑賞会にとても感動しました。一人ひとり個性豊かな表現力に加え,声の響きや力強さなど,素晴らしいところがたくさんありました。特に演技をしている時の「笑顔」を見ていると心が躍るような気分になっていたのは私だけではないと思います。さすがはプロという思いが心の底から湧き上がってきていました。これからも頑張ってミュージカルを披露してほしい思いと,もう一度同じミュージカルを見たいという思い,この思いが「わらび座」の方々に届くことを祈っています。今回の公演のおかげでミュージカルに興味を持つことができました。

 

     写真1 写真2

【2年次】河北新報に掲載されました!

 今年度の2年次「総合的な探究の時間」で取り組んでいる空き蔵を活用したビジネス体験。6月15日(水)の河北新報で、今までの取り組みの様子を紹介していただきました。色々な方に知ってもらい、声をかけていただくことが生徒たちのモチベーションの向上につながっています。現在、記事にあったように様々な企業とのやりとりを行っています。内容が決まったものがあれば、随時ホームページで紹介をしていきます。これからの活動にもご期待ください。

 

※今回の活動は高校生のアイディアで村田町を活性化させることを目的としています。村田町内や近隣の市町村で協力いただける企業がありましたら、担当の仙道までご連絡ください。

【2年次】日本政策金融公庫の授業の様子が紹介されています。

「総合的な探究の時間」の中で行っている空き蔵を活用したビジネス体験。そのビジネスアイディアを考える授業の様子を、日本政策金融公庫のHPやFacebookで紹介していただきました。以下のURLからぜひご覧ください。

 

(HP)https://www.jfc.go.jp/n/grandprix/support_tohoku.html

(Facebook)https://www.facebook.com/grandprix.jfc/

【2年次】インターンシップに向けて①

 新型コロナウイルスの影響で2年間中止となっていたインターンシップですが、今年度は実施する方向で準備を進めています。実際に仕事を体験する経験は、今後の進路を考える上で非常に大切となり、この経験は9月からのビジネス体験にもつながっていきます。インターンシップの受け入れをしてくださる企業の方々に、今後事前訪問の電話連絡を自分たちで行っていきます。失礼のない電話かけができるよう、外部講師の方に電話のかけ方講座を行っていただきました。こういった経験を通して、社会に出てから必要となるスキルを少しずつ身に付けていってほしいと思います。

   

機械・自動車系列 出前授業「カーボンニュートラルとモータースポーツを考える」6月2日(木)

 

 6月2日(木)に、スーパーフォーミュラNEXT50テクニカルアドバイザーである、永井さんに来校いただき、機械・自動車系列の生徒へ出前授業を行っていただきました。

 カーボンニュートラルの実現に向けて、ものづくりを学ぶ生徒として生徒全員が知っておくべき内容でした。また、モータースポーツについてもお話しいただき、生徒も興味深く学ばせていただきました。

 今回このような貴重な授業を経験でき、非常に有意義な時間でした。永井さん、この度は誠にありがとうございました。

  

  

  

ネット被害未然防止対策講演会 5月25日(水)

 5月25日(水)に本校体育館でネット被害未然防止対策講演会が開催されました。大河原警察署にご協力いただき、携帯電話の使い方や危険性等について理解を深めることができました。本校でも多くの生徒が携帯電話などを利用しているため、便利さと危険性の両方を知り安全に使用するよう呼びかけていきたいと思います。

  

【2年次】空き蔵を活用したビジネスアイディア作り

 空き蔵を活用し、高校生のアイディアで村田町を盛り上げていくという今回の取り組み。9月以降の実施に向け、チームに分かれて様々なアイディアを出しました。しかし、自分たちだけで考えるのには限界があります。今回、日本政策金融公庫の方々にお越しいただき、ビジネスアイディアの発想方法についての授業を行なっていただきました。その上で、再度話し合いを行い、アイディアを深めていきました。これからどんなお店になっていくのか楽しみですね。

  

【2年次】khb東日本放送の「チャージ!」で紹介されました!

 2年次の「総合的な探究の時間」で行う新たな取り組み、空き蔵を活用したビジネス体験について、khb東日本放送の「チャージ!」というニュース番組で取り上げていただきました。5月6日(金)の授業の様子を撮影し、その日のうちに放送されたため、見ることができなかった方は以下のURLからご覧いただければと思います。今後の取り組みにもぜひご期待ください。

https://www.khb-tv.co.jp/news/14615101

【2年次】空き蔵を使ったビジネス体験スタート

 昨年度、村田町と連携してCM制作などの地域をPRするための取り組みを行ってきた生徒たち。2年次でも総合的な探究の時間で、村田町と連携した新たな取り組みを行います。今回はその第1回目。村田町役場の方に来校いただき、村田町が現在行っている取り組みや現在抱えている課題についてお話いただきました。その上で「高校生のアイディアで空き蔵を活用してほしい」と、今回の取り組みについてもお話してもらいました。その後、9月以降に実際に使用する3つの蔵を見学しに行きました。今後の授業の中で自分たちでアイディアを出し、準備を行い、蔵を活用したビジネス体験を行っていきます。

 出店予定日は9月30日(金)、10月7日(金)、10月28日(金)、11月4日(金)の4日間。準備等の活動の様子はHPで今後も発信していきます。ぜひ、生徒たちがどんなお店を出すのか楽しみにしていてください。

 

令和4年度 入学式 4月8日(金)

 4月8日(金)、本校体育館にて令和4年度入学式を挙行しました。

新入生の皆さん、保護者の皆様ご入学おめでとうございます。

 新しい制服に身を包み、堂々と入場する姿や新入生代表の挨拶を、保護者の皆さんに見せることができました。

入学したときに決意した気持ちを忘れず、有意義な高校生活を送っていってほしいと思います。

 

  

1年次・経済産業局特別授業 3月18日(金)

 東北経済産業局の山本さんと植木さんに来校いただき、RESAS地域経済分析システムの活用方法についてお話していただきました。人口マップや経済循環マップ、観光マップなどから村田町を分析し、現在の村田町と今後について考えていくことができました。今年度「産業社会と人間」の授業内で、CM制作をはじめ、沢山の地域と連携した活動を行ってきた1年次の生徒たち。来年度も「総合的な探究の時間」で地域と連携した活動を行っていきますので、今回学んだことを生かしていってほしいと思います。

 

インターネット安全安心利用啓発動画

宮城県では青少年のインターネット安全安心利用を推進するため,ポスターと動画を作成しました。

「青少年用(4分)」と「保護者用(5分)」向けがあります。

ネットトラブルに巻き込まれないためにも今一度見つめ直す機会としていただければと思います。

 

宮城県公式Webサイト(宮城県インターネット安全安心利用動画ページ)

↓↓↓

https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kyosha/internet-anzenriyou.html

卒業式 3月 1日(火)

 3月1日、快晴の中、61名の卒業生が村田高校を巣立ちました。

 新型コロナウイルスの影響で制限の多い高校生活でしたが、卒業生は友人達と支え合い、今できることの中で精一杯学校生活に打ち込んできました。卒業生のこれからの活躍を大いに期待しています。

  

  

  

1年次ライフプラン発表会実施

 1年次の「産業社会と人間」の授業内で学んできたことから、自分の進路について考え、まとめた今後のライフプラン。各クラスで発表会を行い、代表生徒を5名ずつ、計15名を決定しました。そして、その15名が1年次の生徒たちや先生方の前で一生懸命発表を行いました。当初は保護者や中学校の先生をお呼びし、発表を行う予定でしたが、新型コロナウイルスの県内の感染状況を考え、外部の方を入れずに実施することとなりました。代表の生徒たちは皆、堂々と自分の夢や今後の目標を語ってくれました。夢に向かって今後も努力を続けていってほしいと思います。

 

オンライン職業人講話

 村田町と連携した活動を行ってきた村田高校1年次。村田町に関わる様々な方からお話を聞く、職業人講話を行いました。コロナ禍ということもあり、村田町と東京会場、村田高校をオンラインでつないでの実施となりました。観光庁実証事業の採択事業である村田町のイベント「蔵しっく文化祭」のワークショップの講師を務めた方々を中心に話をしていただきました。また、プロのCM・映像ディレクターでもある下河原さんに生徒たちが作ったCM作品を見てもらい、沢山のお褒めの言葉もいただきました。生徒たちにとって、とても良い経験になりました。生徒たちのCM作品、全11作品は村田町の公式YouTubeからも見ることができます。ぜひ、ご覧ください。

https://youtube.com/channel/UCUImh2HHz0P4ryAoGOQlESA

広報むらた2月号に掲載中

 「産業社会と人間」という総合学科科目の授業の中で、村田町と連携した活動を行い続けてきた1年次の生徒たち。今回、広報むらた2月号の4ページ分の記事を制作し、そちらが村田町内全域に配られました。内容は村田町のHPからも見ることができます。村田町外の方は、ぜひ以下からご覧ください。

http://www.town.murata.miyagi.jp/cyosei/koho_murata/koho-murata/index.html

 

令和3年度 「高校生ものづくりコンテスト」宮城県大会「溶接競技部門」 兼 第11回宮城県高等学校溶接技術大会 1月15日(土)

 1月15日(土)標記の大会へ本校代表生徒2名(3年次2名)が参加しました。

 今年度は新型コロナウイルスの影響の為,開催時刻を分けて開催されました。

  本校生徒は集中して毎日遅くまで練習し,準備から清掃まで自主的に丁寧に行うという,作業以外の部分でも成長を見せてくれました。

 今回の大会を経て,ものづくりへの考え方や,何事にも真剣に取り組む姿勢を身に付けられたと感じました。

 審査結果が発表されるまで,生徒は緊張が続きますが,最後まで仕上げることが出来た為満足しているという声を実際に聞くことができました。

 最後に,今回御指導下さいました,ものづくりマイスターの先生方,ありがとうございました。

  

みやぎふるさとCM大賞で村田高校生が発表!

 1月3日(月)、khb東日本放送で「みやぎふるさとCM大賞」が放送されました。今年の村田町のCM作品は村田高校生が制作し、沢山の方々の前で堂々と生徒が発表をしてきました。残念ながら受賞することはできませんでしたが、CM上映中に本間ちゃんも思わず笑ってしまうような楽しい作品となりました。以下のkhb東日本放送のYouTubeチャンネルから見ることができますので、まだCMを見ていない方はぜひご覧ください。

https://youtu.be/rI9fY-XSFio

 

2年次 修学旅行 12月13日(月)~15日(水)

 北海道新幹線に乗って、函館に行ってきました。初日は、函館の魚市場で昼食、明治館でオルゴール制作、トラピスチヌ修道院見学、赤レンガ倉庫見学、2日目は、登別伊達時代村見学、登別マリンパークニクス見学、函館山見学、3日目は、函館奉行所見学、五稜郭タワー見学でした。宿では湯の川温泉を満喫する2泊3日でした。

 

 

 

                    

 

                 

1年次 校外学習 12月16日(木)

 コロナ禍のため、今まで予定していた校外学習は延期や中止となっており、今回が初めての校外学習となった1年次の生徒たち。仙台うみの杜水族館では、みんなでイルカのショーを見たり、各自で楽しみながら館内を見て回ったり、様々な生徒と交流を深めることができました。また、松島では遊覧船に乗って松島について学んだり、松島の町を見て回ったりしました。地元で有名な場所でも、今まで訪問したことのない生徒も多く、みんなが楽しい思い出を作ることができた1日となりました。

  

1年次 年次行事 12月15日(水)

 2年次が修学旅行期間中、特別時間割となっており、その時間で年次行事を行いました。各クラスのHR委員の生徒が中心となって企画を考え、実施しました。バレーボールやドッジボールなどのスポーツ系の企画や、○×クイズやビンゴ大会などのみんなが楽しめる企画などを実施し、生徒たちが交流しながら団結力を高めていくことができました。

 

1年次 仙台大学特別授業 12月13日(月)

 12月13日(月)、仙台大学の先生方と学生の皆様に来校していただき、福祉に関する特別授業を行っていただきました。高齢化が進む日本において介護関係、福祉関係については皆が知っておく必要がある内容です。車イス体験や認知症のVR体験など8つのブースに分かれ、本格的な機材を用いながら、様々な福祉の分野に関する体験をしました。普段出来ない体験ができ、生徒たちにとっても有意義な時間となりました。

  

3年次遠足 12月15日(水)~16日(木)

12月15、16日松島方面へ遠足に行ってきました。
15日はうみの杜水族館、鹽竈神社を巡り、遊覧船で松島へ移動しました。
16日は松島高校観光科の皆さんから松島案内をしていただきました。
高校生活の最後に、いい思い出を作ることができました。

  

第21回高校生ものづくりコンテスト全国大会「自動車整備部門」 11月14日(日)

 11月14日、神奈川県で開催された第21回高校生ものづくりコンテスト全国大会「自動車整備部門」に3年次村上侑士が参加しました。
 自動車整備部門は「学科」「測定」「日常点検」「故障探求」の4項目についての能力を競い合う部門です。
機械自動車系列の授業で学んだことに加え、6月から5か月の間、放課後や休日に練習を行い、技術向上に向けて努力を続けてきました。
 9位という結果でしたが、大会後村上は「今自分にできることを出し切ることができました」と話していました。
 専門性が高い内容であるため、花壇自動車大学校の山口先生に協力していただき、複数回にわたりご指導をいただきました。
 多くの方々のご助力のおかげで実現できた全国大会出場だったと感じます。ここまで応援していただきありがとうございました。
 この経験が、村上の人生の中の支えとなる成功体験となることを願います。

 

 

CM撮影 お礼の訪問

 1年次の「産業社会と人間」の時間で制作してきた「みやぎふるさとCM大賞」への応募作品。そのCM撮影の際に、村田町内の様々な施設やお店にお世話になりました。お世話になった方々への感謝を込めて、生徒たちが色紙を制作しました。今回、その色紙を渡しにお店を訪問しました。

 また、村田町で発行している「広報むらた」の2月号の記事の一部を村田高校の1年生が書くことになっており、その取材も訪問した際に行いました。今回制作する記事は2月初めに村田町内に配付予定ですので、楽しみにしていてもらえればと思います。

  

秋季防災訓練 11月9日(火)

 11月9日(火)秋季防災訓練を実施しました。

 生徒達には「大規模地震の想定で訓練をする、時刻は分からない。」と伝え、実際に昼休み中に緊急地震速報を鳴らしました。教室・廊下・トイレ・食堂など、様々な場所で速報を聞いた生徒達は、自身の身を守り、速やかに避難場所に避難できました。また、避難後の集会で防災主任から、「大人達が、経験上避難しなくても良いだろう、などと判断を誤り、災害にあったケースは多い。近年災害が増加しており、高校生の防災の知識は十分判断材料となる。万が一の場合は自分たちで正しい判断をし、多くの命を救って欲しい。」とお話を頂きました。

村高祭 10月22日(金),23日(土)

 10月22日(金)、23日(土)に村高祭が行われました。今年度も感染症対策の関係で、一般公開を行わない形で実施されましたが、模擬店・ステージ発表・展示など、多くの生徒がそれぞれの場面で活躍しました。またシンガーソングライターの中村マサトシさん、猪股秋彦さん,キャンドルアーティストのケイタキャンドルによるスペシャルステージもあり、全校で楽しむことができました!

  

  

  

  

  

高校生ものづくりコンテスト宮城県大会旋盤作業部門 10月29(金)~30日(土)

  10月29(金)~30日(土)、仙台高等技術専門校にて「令和3年度の高校生ものづくりコンテスト旋盤作業部門」の宮城県大会が行われました。本校からは、機械自動車系列2年生の生徒が大会へ参加いたしました。練習開始が1ヶ月前ということもあり、作品が完成させられるか心配でしたが無事に打ち切り時間内に作品を提出することができました。選手生徒および指導にあたられたマイスターの先生など、関係された方々たいへんお疲れさまでした。

大会開会式風景 大会加工風景 大会閉会式風景

みやぎふるさとCM大賞 校内審査会 10月28日(木)

 1年次の「産業社会と人間」の時間で制作してきた「みやぎふるさとCM大賞」への応募作品。11チームの作品発表と、khb東日本放送に提出する1作品を選ぶための審査会を開催しました。審査委員長は村田町長。町長をはじめ、村田町役場や地域おこし協力隊の方々が来校し、作品を審査しました。生徒たちは緊張しながらも、一生懸命審査員の前で発表を行いました。どの作品も個性あふれる作品となっており、審査は難航しましたが、提出作品が決定しました。1月以降放送されるのが楽しみですね。また情報が分かり次第、HPで告知していきます。

 

三宅義信さん来校 10月21日(木)

 ウエイトリフティングの三宅義信さんが10月21日来校され,東京2020オリンピックを記念し三宅さんが作られた記念プレートを寄贈していただきました。三宅さんは村田町出身で1964東京オリンピック,1968年メキシコオリンピックに出場され金メダルを獲得されました。

 今年の東京2020オリンピックには姪の三宅宏実さんが出場されました。

 現在は東京国際大学ウエイトリフティング部監督として後進の育成に力を注がれています。

【1年次・産業社会と人間】河北新報に掲載!

 現在、1年次の「産業社会と人間」の授業内で行っている「みやぎふるさとCM大賞」応募作品制作の様子が、10月4日の河北新報に取り上げられました。カラーで大きく掲載され、生徒たちも自分たちの活動に自信を持つことができたようです。現在はみんなで動画編集を行っています。完成まであと少しです。

※出典:10月4日河北新報より

交通安全人垣運動 10月4日(月)

 10月4日(月) 村田町公民館前にて交通安全人垣運動を行いました。 

 大河原警察署,村田駐在所の指導のもと,交通安全・安全運転の啓発のために毎年行なっている行事です。今年は天候にも恵まれ,生徒会,規律委員あわせて27名で活動しました。

 本校生徒の中にも原動機付自転車で通学する生徒がおり,これから普通自動車免許を取得する生徒もいます。地域のドライバーへの啓発はもちろん,自分たちがドライバーになったときに向け,交通安全・安全運転の意識を向上させる良い機会となりました。

  

みやぎふるさとCM大賞作品制作②

 KHBで毎年開催している「みやぎふるさとCM大賞」の村田町の作品を、今年は村田高校の1年生が制作中です。前回の撮影では、蔵の町並みを中心に撮影しましたが、今回はスポーツランドSUGOや道の駅での撮影を行いました。スポーツランドSUGOの協力のもと、カートに乗った映像などを撮影しました。普段できない体験で、生徒たちも楽しみながら取り組んでいました。これから編集作業を行っていきます。完成が楽しみですね。

   

みやぎふるさとCM大賞作品制作①

 KHBで毎年開催している、みやぎふるさとCM大賞。各市町村の良さをPRできるような動画作品が放送されています。村田町では毎年、町役場の方々が作品を制作していましたが、今回は村田町からの依頼を受け、村田高校の1年次の生徒たちが制作することになりました。総合学科ならではの科目「産業社会と人間」。今年のテーマである「問題解決能力」を身に付けるため、地域が困っていることを色々な視点から考える取り組みの1つとして行っています。

 チームに分かれ、自分たちでCM案を考え、村田町に分かれて撮影しました。蔵の街並みで、くらりんと一緒に撮影。地域の方々にも声をかけていただきながら、楽しみながら撮影ができました。これから撮影を続け、良い作品が完成してくれることを期待したいと思います。

   

ネット被害未然防止対策講演会 9月15日(金)

 9月15日(金)に本校体育館でネット被害未然防止対策講演会が開催されました。大河原警察署に協力いただき、携帯電話の使い方や危険性等について理解を深めることができました。本校でも多くの生徒が携帯電話や通信機能付きのゲーム機などを持っているため、便利さと危険性の両方を知り安全に使用するよう呼びかけていきたいと思います。

バイク通学講習会 9月3日(金)

 9月3日(金)に仙南自動車学院を会場にバイク通学者運転技術講習会が開催されました。

 バイクの運転技術や危険時の対応など,安全な運転のために必要な知識・技術を学ぶべく,生徒達は講師の先生方の指示にしたがい,一生懸命講習に取り組んでいました。

 仙南自動車学院の皆様,ご協力ありがとうございました。

 

オンライン震災講話 9月3日(金)

 例年、4月末に実施している志キャンプ。震災教育として志津川を訪問し、集団活動などを通して生徒同士の関係性も深めていました。今年度はコロナ禍ということもあって9月に延期して実施する予定でしたが、今回緊急事態宣言となってしまったため、オンラインでの実施に変更となりました。

 志津川高校の佐々木教頭から、東日本大震災当時の状況と、震災復興のために志津川高校が行った活動について話をしてもらいました。震災当時、まだ小学校に入学していない状態だった生徒たち。震災当日の写真や映像を見ながら、震災の怖さを知り、改めて防災の大切さを実感しました。また、生徒会の生徒を中心に、学校紹介や現在地域と連携して行っている活動についても紹介してもらい、様々な刺激を受けた1日となりました。